アラフォー社会人15年目のお金の使い方

アラフォー会社員です。社会人生活が15年ほどになります。まだ独り身なので、基本的にはお小遣いは好きに決められるのですが、老後を考えて貯金や保険もあるため、6万円を上限にしています。食費は別です。
内訳は、美容代2.5万円、洋服代1万円、飲み代2万円、その他0.5万円が大体のところです。改めて見ると贅沢な使い方をしていると思います。我慢をして生きるよりも、独り身の良さを活かして好きなことをしまくっているな、と実感しました。正直なんだかんだとオーバーすることもあるぐらい、上限はルーズなものです。
とはいえ、調子に乗っているとピンチになることもあります。飲み会が重なると後輩におごることが多いので、きつくなります。そんな時は、あまり使いたくないのですが、女子会の幹事を務めて、カードで支払い、みんなから会費を集めてしのぎます。カードはポイントが貯まるのでお得です。お店もポイントが貯まるところなら一石二鳥です。幹事をしていると店長と顔見知りになって、別で行った時にサービスをしてもらえることもあります。ただし、女子会によっては、さらに散財する羽目になるので要注意です。しょうもないプライドを持っていると、金持ちの女子に負けまいと女子会用の服やバッグを揃えてしまいます。アラサーの時は、まんまとやられて、貯金が底をつきかけたこともあります。
アラフォーになって、以前に比べるとお金の使い方が自己投資や貯金に変わってきたと思います。
今後は、美容代はケチれないので、飲み代を節約して、習い事を始めようかと思っています。月一万円から一万五千円あれば、ヨガやペン習字、フラワーアレンジメントが習えます。お嫁に行く前に、金遣いの荒さを抑えて、ステキな女性になれるようにしっかり自己投資したいと思います。